個人と法人では不動産サポートに違いはある?

不動産は個人所有と法人所有、どちらがベスト?

法人化する?しない?選択に迷ったら

不動産投資では、銀行から融資を受ける場面が多々あります。 巷では「法人だと融資を受けやすい」と言われており、このために法人化を目指そうとする方も多いようです。 しかし、それは本当でしょうか? 確かに法人の方が、世間での信用度は高いかもしれません。 でもそれが、融資の受けやすさにも直結するものなのでしょうか?

法人は融資を受けやすい?個人と法人の違いとは

不動産投資を続けていてその規模が大きくなってくると、多くの人がたどり着くのが、「法人化した方が良いのではないか?」ということではないでしょうか。
最近では、法人化した方が節税になるということも多くの方が知っており、初めから法人を作り不動産投資を始める方もいるようです。
法人化すると、様々な面で優遇され、節税にもなるし相続税対策にもなる。
そんな風に聞くと、誰にでも魅力的に思えてしまいますね。

実際に、専門家のもとへ相談に訪れるオーナーの中にも、「法人化した方がよいか?」「法人化するタイミングはいつか?」といった方がとても多いそうです。
資産を増やす目的で投資をしているわけですから、少しでも多く手元に残したいというのは当然のこと。
そのためには、支払う税金は少しでも少ない方が良いですよね。

しかし、すぐに法人化を進めるのはちょっと待ってください。
法人化すると確かに節税にはなりますが、ある条件下ではそうならない場合もあります。
また、法人化したことによって新たなコストも生まれます。
それらもすべて考慮した上で、法人化した方が良いのか、法人化しない方が有利なのかを判断をしましょう。

不動産を個人所有とするのか法人所有とするのか。
それぞれの違いも比較しましょう。
そして、法人化することにはメリットもデメリットもあります。
デメリットにもしっかり目を向けてトータルで考え、ご自分に合った最適な方法を選択するようにしましょう。

節税になる!法人化最大のメリット

誰しも、支払う税金は少なければ嬉しいものです。 不動産投資で利益が出れば税金の額も大きくなりますが、その額を減らすことができれば嬉しいですよね。 法人化することの最大のメリットは、節税になるということ。 節税を目的に法人化を目指す方も多いと思います。 では実際に、どのくらいの節税になるでしょうか。

コストがかかる!法人化のデメリット

法人化ならではの最大のメリットは節税。 ここだけ聞くと、法人化しない手はないとも思えるかもしれません。 しかし、法人化することにはもちろんデメリットもあります。 それは、個人にはない法人ならではのコストがかかるということ。 法人化することでかかる費用やコストについてもしっかり検証しておきましょう。

TOPへ戻る