不動産は個人所有と法人所有、どちらがベスト?

コストがかかる!法人化のデメリット

会社設立の費用と事務コスト

法人を作るとなった場合、会社の設立には費用がかかります。
株式会社の設立で、約25万円ほどとなります。

かつては、株式会社を設立するには資本金として1,000万円を準備する必要がありました。
しかし現在では、1円以上の資本金で設立することができます。
資本金は少額で済みますが、それ以外の手続きに約25万円ほどが必要となるのです。

また、会社を設立したら、毎年、税務申告を行わなければなりません。
この税務申告は個人の場合よりも複雑なため、税理士に依頼する必要があります。
依頼した税理士には報酬を支払わなければなりませんから、ここにさらに必要経費が増えるのです。

さらに、日常的に事務コストもかかります。
会計業務や社会保険事務、前述の税理士報酬などです。

もし赤字になってしまったら?

個人でも毎年住民税を支払う義務があるように、法人にも法人住民税を支払う義務があります。
そして、この法人住民税は、年間の利益が赤字だったとしても支払わなければなりません。
ただ、法人の場合には黒字化することが可能です。

個人の場合には、年間の減価償却費の全額を経費にしなくてはならない強制償却となりますが、法人であれば、年間の減価償却費の範囲内で経費にする金額を自由に決めることができます。
これを任意償却といいますが、これにより自らコントロールして黒字化することができるのです。
黒字か赤字かでは大きく印象が変わりますし、さらに融資を受ける際などにはイメージが大きく異なってくるので、調整ができる範囲で黒字化を試みると良いでしょう。


TOPへ戻る